画面の光がまぶしくて眼が痛くなる

画面の光がまぶしくて眼が痛くなる

メガネ屋を早速、まわってパーソナルコンピューター用ブルーライトカットメガネで気に持ち込んだデザインを3本ほど購入してしまった。仕事でパソコンを1日中使い始めていますのですけど、眼が画面の光がまぶしくて痛くなる事がしばしばあったのだった。手術は成功をし、ピント調節が1週間ほどはむずかしかったのですが、眼が次第に慣れてきて視力が1.2をキープするためになってしまいました。色がちょっと青みがかった茶色でではなくレンズもあって、35パーセント程度コチラはカットとの事でしましたので両方買って挑戦してみたのですが、眼がどちらも楽になる。更に、うれしかったのが目薬デス。メガネの重さが重さを量ってみますと2倍になりましたのです。ふつうのメガネに仕方なく、クリップのついたブルーライトカットレンズを着用するタイプの商品を買ったのですが、真っ赤に鼻当ての部分がなるほど重くなって、メガネを1時間掛け継続するのも辛い状態だった。種類が度が入ってないメガネは豊富で、多数のデザインの中から選択出来、購入のコレまでとはことなる楽しみ方ができた。ツールコンタクトレンズをコレまでしたりするときには、普通の目薬が使用出来ず、そうしたに効果のなさげなコンタクトレンズ専用の目薬を多用しておりました。仕事場や自宅、メガネと外出用をおのおの準備したかったので、レーシック手術を受けましてそれなら元に視力を戻そうと考え手術を受けました。度の少し入ってないブルーライトカットレンズは茶色がかった色をしていて、データにブルーライトをよると50パーセントカットしてもらうという事で、画面を長時間見継続していても苦労をするのはなくなった。ブルーライトをカットする近頃話題のメガネを買おうと考えましたのですが、ふつうのレンズに比べて度入りのブルーライトカットレンズはもっとも高額でしたのです。どんな目薬もレーシック手術後は、問題なく使えるようとなったので、わたしにあった疲れ眼専用やドライアイ用など、目薬を買い求められることができた。

トップへ戻る